オフィス生活用品
店舗関連
製造業関連
医療・福祉関連
官公庁関連

アルコールチェック義務化、いよいよ始まります!

\2023年12月~ アルコールチェック義務化施工!/

道路交通法施行規則の改正により、アルコール検知器を
用いた運転前後の酒気帯びの確認が義務化されます。
※義務化の対象:自動車を5台以上、もしくは定員11人以上の自動車を1台以上使用している事業所。


アルコール検知器協議会認定品 国内基準値に対応したわかりやすい測定結果表示

■ おすすめポイント
アルコール検知器にはJIS規格などで定められた規格がありません。
その中で、業界団体であるJ-BAC(アルコール検知器協議会)が
海外の技術規格を参考にJ-BAC技術規格を定めています。

★アルコールチェッカー「BAC10」・「BAC100」は、その規格に
準拠したアルコール検知器検定制度に合格しています。
■ スタッフから一言
アルコールを検知すると、警告を示すブザー音と光でお知らせ。
センサー寿命に達した際、「out」の画面表示と赤点灯で通知します。

この他にも、さまざまなアルコールチェッカーを取り揃えておりますので、
お気軽に弊社担当営業へお問い合わせください。

Copyright (c) 2024 株式会社日興商会 All Right Reserved