• 新入社員研修プログラム

    日興商会の新入社員研修プログラムについてご紹介します。
    「Face to Face」を大事にしている企業だからこそ、
    「人」にこだわった育成とフォロー体制を整えています。

    NIKKO 新入社員研修プログラム

    10月1日~:入社前研修

    『半年間で300通ものメールが飛び交う研修』

     内定式と同時に、入社前研修がスタートします。課題に取り組む中で、伝えることの難しさ、自分自身と向き合う大切さ、アウトプット・振り返りの重要性、そして適切なフィードバックを受けることを学んで頂きます。
     また、総務人事部との1対1のやりとりではなく、メーリングリストを利用する研修スタイルのため、入社前から同期の事を知ることができるなど、非常に学びの多い研修となります。

    3月上旬:入社前研修の総まとめ

    『4月1日の入社式から一気にスタートできると、内定者からも好評です』

     内定者の皆さんに集合頂き、半年間にわたる入社前研修のまとめを行います。半年間の研修で学んだことを、4月以降活かせるように体系化します。

    4月1日:入社式

    『緊張はするけれど、仲間のことを知っているので緊張もほぐれます』


     4月2~5日:鳥取合宿研修

    『心身ともに鍛えられる宿泊研修』

     入社式の翌日から、鳥取砂丘での3泊4日の合宿研修を行います。学生気分を払拭し社会人への気持ちの切り替えを行うとともに、ビジネスマナーやプレゼンテーション、チームビルディングなどたくさんの課題に、最後まで諦めずに取り組んで頂きます。また、チームでの役割や責任を認識し取り組むことで、チームワークの重要性を学び、同期との連帯感も深まっていきます。

    4月~5月:集合研修

    『働くことへの不安を少しでも払拭し、笑顔でひとり立ちできるようにサポートします』

     会社概要や経営方針などの基礎知識から、ルート営業同行、工場研修、複写機販売のロールプレイングといった実践的な研修まで、今後必要となるあらゆる研修を行います。単なる知識の詰め込みや実践だけでなく、学んだことを振り返り、実践と知識の往復運動を行いながら体系化し、使える知識やノウハウにするためのカリキュラムとなっています。


    5月末:辞令交付・配属先決定

    『ひとり立ちの瞬間です。配属後もフォロー体制が整っています』

     2ヶ月間の研修後、辞令交付式で配属先が発表されます。
    (配属先は、本人の希望や適性により決定されます)

    6月~翌3月:総務人事部との交換月記

    『育成も「Face to Face」が当社のポリシーです』

     配属後、それぞれの仕事における成功事例や失敗事例・日々の学びを1ヶ月に1度、総務人事部へ報告して頂きます。自分たちの振り返りを題材に総務人事部から一人一人に対し丁寧なフィードバックすることで日々の活動を体系化したり、再現性を高める取り組みをしています。
    また、メーリングの活用によって、自分一人の学びで終わらせるのでなく、他部署で仕事をしている同期とも学びや悩みを共有することができるため成長が加速され、安心感が形成されるなど、皆で成長する環境が生まれます。

    11月:フォローアップ研修

    『毎月のコンディションを総務人事部が把握しているからこそできる、オリジナルコンテンツが自慢です』

     日々の仕事をもう一度振り返りながら、悩みや課題、つまずいているポイントを明確にします。同期や人材育成のスタッフと議論を交わし、課題を克服するためのプランを考え、翌日からすぐに実行できるような行動プランを考える、その行動結果をまたすぐ翌月に振り返り成果行動に結びつけます。同時に良き行動習慣が身に付くようフォローしています。


    その他研修

     随時、商品・サービス研修を実施するとともに、階層ごとの研修を行っています。

Copyright (c) 2017 株式会社日興商会 All Right Reserved